【一人暮らしのススメ01】お部屋探しは情報戦

こんにちは、那智(@6_nachi)です。

引っ越しを決めるきっかけは人それぞれ。
親の転勤だったり、進学だったり、就職だったり。

私の場合は一緒に暮らしていた妹が結婚することになり、その時住んでいた部屋だと一人は広すぎるし家賃が払いきれないため、住まいを変える必要が出てきました。
黙って座っていても時間が過ぎるだけなので行動あるのみ!お部屋探しの日々が始まった――そんな一人暮らしへの備忘録を不定期に綴っていきたいと思います。

まずは情報収集をしよう

  1. まとめサイトを読み漁る
  2. 一人暮らしブログを巡る
  3. 身近な人に聞く
  4. 賃貸サイトを見る

知識がなければ何も始まらない!
どれも基本中の基本ではありますが、何度か引っ越しを経験したことがあるとはいえ、一人暮らしは10年ぶり。
前回の一人暮らしの際は学生で、現在とは条件も違うのでまずは知識を得るところから始めました。

1~3は基本的な情報収集、4は具体的な情報収集ですね。

1.まとめサイトを読み漁る

Google先生に聞いてみよう!ということで、「賃貸 一人暮らし まとめ」等で検索すると沢山出てきたのでとりあえず片っ端から読みまくる!
いい意味でも悪い意味でも一般的な情報なので、あくまで参考程度です。

2.一人暮らしブログを巡る

環境やコンセプトも多種多様なものの、もう少し現実的な情報も得たかったので補足的にブログも閲覧。
こちらも賃貸 一人暮らし 女性 ブログ」等のワードで検索しましたが、まとめサイトがヒットすることの方が多かったので、主にブログランキングからお邪魔しました。

3.身近な人に聞く

以前独居だったり現在進行形で一人暮らしをしている人に聞く!
リアルな当事者の声だし、自分の知りたいことのレスポンスがすぐに返ってくるのが最大の利点ですね。
私の場合は妹の旦那さんが不動産関係だったので、今回の件ではかなりお世話になりました。

4.賃貸サイトを見る

実際のお部屋候補はどんなかんじかな?と賃貸紹介サイトで自分の希望する住環境と家賃相場をチェック。
比較しつつ、場合によっては条件の緩和も必要です。

賃貸物件紹介サイト

数多の紹介サイトがありますが、個人的にはこの3つが数も充実していて見やすかったです。
スマホサイトだと移動や休憩中にも見れて時間の有効活用ができました。

便利だなと思ったのは、 大体のサイトについている会員登録せずにできるお気に入り機能。
沢山の件数を見ているともう一度確認しようとしても「あの物件どこだっけ~?」となることもしばしば。
ワンクリックでお気に入りリストに追加できるので重宝していました。

同じ物件が複数のサイトに登録されていて、一方のサイトは写真が少ないけどもう一方のサイトは写真が充実している、ということもあるので気になる物件があったらとりあえずお気に入り登録しておくのが吉。

そこで生活する自分をイメージする

例えば自炊をする人にとってはキッチンは充実していたら嬉しい反面、外食が多い人はそうではなかったり――と、同じ間取りの部屋でも住む人によって重要視する箇所は様々です。
集めた情報はあくまで参考。最終的には自分がどこでどのように過ごすのかのイメージを持つことが大切だと思います。

収集した上記情報を踏まえて、「必須条件」「妥協可条件」を決めていきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で