お得な新幹線プラン「ぷらっとこだま」(名古屋~新大阪)

こんにちは、 那智(@6_nachi)です。

先日、友人と好きな作品のミュージカルを観に大阪へ行ってきました。
最高すぎてもう一度観劇に行きたいんですが、都合のいい時間と何よりチケットがないので円盤出るまでは我慢してライビュ配信で生きながらえるしかないかな…。

そんなこんなで、今回は上演時間も決まっていてある程度時間の目途が立っていたので、日帰りの名古屋~新大阪までの新幹線はぷらっとこだまを利用することにしました。

スポンサーリンク


ぷらっとこだまとは

ぷらっとこだま」より

JR東海ツアーズ提供の添乗員のつかない募集型企画旅行商品です。
通常のJR乗車券とは使用条件が異なるものの、通常運賃よりも格安でこだま指定席に乗ることができます。

こだま号自体は各駅停車なのですが、ぷらっとこだまの場合、乗り降り可能なのは東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪の8駅です。

1人片道から利用することができるので、新幹線で重宝している商品のひとつです。

料金

気になる料金ですが、名古屋からだとこんな感じ。(2019年9月現在)
通常運賃&差額欄の上段はこだま指定席、下段は自由席の料金になります。

目的地 料金 通常運賃 差額
東京・品川 8,300円 10,360円
(10,680円)
2,060円
(2,380円)
新横浜 8,100円 10,040円
(9,720円)
1,940円
(1,620円)
静岡 4,700円 6,150円
(5,830円)
1,450円
(1,130円)
浜松 3,700円 4,740円
(4,420円)
1,040円
(720円)
京都 4,300円 5,390円
(5,070円)
1,090円
(770円)
新大阪 4,400円 6,350円
(5,830円)
1,950円
(1,430円)

「えっ、同じ切符なのにこんなに安くていいの…!?」と割引率の高さに驚かされます。
3~5回使ったら「もう1回乗れるドン!」ってなるの…?

ちなみにグリーン車だと+1,000~2,000円で購入可能。
東京・品川・新横浜だとぷらっとこだまのグリーン車を利用した方がこだま指定席の通常運賃よりもお得な計算になりますね。

購入方法は3種類

購入方法 購入可能期間 備考
店舗 1ヶ月以上前~前日  
インターネット 1ヶ月前~5日前 郵送:+82円
コールセンター 来店:1ヶ月前~2日前
郵送:1か月前~6日前
来店:指定支店受け取り
郵送:11日前+82円、10日前+362円

ってか店舗だと1ヶ月以上前から予約できるなんて初めて知りました。
「1ヶ月切ったから時間作って店舗に申し込みに行かなきゃ~><」とカレンダーを見て行動していた過去の私に教えてあげたい。

購入時の注意点

ぷらっとこだま」より

通常のJR乗車券と違って日時座席が固定で、予定が変わったから別の日時に変更したり、乗り逃してしまったから次来た新幹線の自由席に~といったことができません。
土日や繁忙期、直前だと売り切れの場合もあるため、予定が確定した時点で早めに行動した方がいいですね。
また、10日前から取消料がかかってくるので、購入した列車の乗車が難しい場合は早めの取消が必要です。

実際にインターネット購入を利用をしてみた

店舗に申し込みに行く手間を考えると+82円で郵送してくれる方法を使わない手はない!ということで出不精な私は郵送一択です。
クレジットカード決済なので、申し込みから到着まで自宅で完結します。

申し込みをしたその日に確定のメール、出発の14日前頃に発送のメールが届きました。
到着したのはその2日後くらい。

中には申し込み内容の案内とチケットホルダーの中には乗車票&1ドリンク引換券が同封されています。
チケットホルダーには注意点や取消等の案内が書かれているので、一読を。

こだま乗車票

前は1ドリンク引換券と同じ大きさで、有人改札でしか通れなかったんですけど変わったのかな?通常の切符と同じように自動改札機に通すことができました。

通常の乗車券だと「大阪市内」等の各都区市内表示なんですが、ぷらっとこだまの場合は券面に表示された駅のみの利用になります。
乗車券と指定席が一緒になっているので、表示されている駅での乗り降りならこれ1枚で事足ります。
JRの在来線に乗り換えるなら別途切符を買うか、ICカードでピッですね。

1ドリンク引換券(ぷらっとフリークーポン)

東京~新大阪間の東海道新幹線各駅にあるステッカー掲示の東海キヨスクをはじめとする駅販売店で交換可能です。
こだま号は車内販売がないので乗り降りする駅で引換するのが一番スマートですね。

通常のペットボトルだと大体150円前後で販売されているので、その分更にお得。
ワインに関しては追加代金等の条件はありますが、アルコール類もOK。

今回は往路と復路の2回分を購入したので、1ドリンク引換券も2枚同封されていました。
有効期限自体は出発日から1ヶ月あるものの中々引き換えに行く機会もないため、行きと帰りでそれぞれ引換してきました。

まとめ

  • 1人以上で片道or往復
  • 日帰りもしくは宿泊先がホテル以外にある
  • 乗車日時が決まっている
  • 乗車時間に余裕がある

上記に当てはまる場合はぷらっとこだまの利用に向いています。
こだま限定で券面に記載された列車のみ利用可能という制限があるものの、当日は乗り遅れないということだけを徹底していれば、コスパは非常にいいです。

個人的には名古屋発着視点で見ると単身の新大阪方面は乗車時間に大差ないので、ぷらっとこだまが第一候補ですね。(京都だと「日帰り1day京都スペシャル」が最安)
東京だとひかり・のぞみと比べて1時間ほど乗車時間が長くなってしまうためケースバイケースで、スケジュールに合わせて新幹線の商品を選択しています。

浮いた分は美味しいごはんや貯蓄にして日々の生活の潤いにしていけたらと思います。それでは!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で