地元鳥取の海が綺麗だった話

こんにちは、那智(@6_nachi)です。

職場にお盆なんてものはないが、私は実家に帰らせていただくぜ!――ということで、お盆休みを取って4日間地元の鳥取へ帰省することにしました。
いつもは新幹線+バスのコースですが、妹夫婦が車を新しく購入したので一緒に乗せてもらいました。
車で帰るの疲れそうだなぁと思って今までずっと敬遠していたものの、助手席や後部座席で話し相手になったり寝ているだけの係だったためか予想以上に快適でした。

そうだ、海、行こう

ここ数年まともに海に行っていなくて、急に恋しくなってしまったため、

海、行きたいなぁチラッチラッ
天気いいから綺麗だよねきっとチラッチラッ
足だけでもいいから入れたいなぁチラッチラッ

というのを実家に着くまでに10回くらい繰り返していたら(しつこい)、妹夫婦が「じゃぁ明日早起きしていく?」と話がまとまりましたヤッター!粘りの勝利です。

よーし沢山写真も撮っちゃうぞ~☆と一眼の確認をしたらまさかのSDカードが入っていないというトラブルがあったものの、閉店間際のヤマダ電機で32GB780円のSDカードをゲットし事なきを得ました。
ありがとうヤマダ電機。

浦富海岸小栗浜海水浴場へ

最初は母におススメされていた城原海岸に行こうとしていたのですが、道中民家をすり抜ける狭い一本道に不安になったので(笑)、引き返して一番近くの浦富海岸小栗浜海水浴場に車を停めることにしました。
後々調べたら城原海岸は人が少ないものの海辺へ行くまでの階段が多いとのことなので、ちょっと寄って砂浜で遊ぶのが目的な私達にとってはこっちの方が合っていたなと思います。

人の少なさとアクセスのしやすさで穴場的スポットだった

駐車場から驚きの近さ

鳥取市街地からだと車で30分くらい。
砂浜に駐車場があって1,000円/日でした。
車から出て道路を挟まずすぐ目の前が海なので、荷物をすぐに取り出すこともできるし防犯的にも安心。
東側の浦富海水浴場よりもこじんまりしている分、来ている人も10組程でした。
簡易的なトイレとシャワールームがある以外は浜辺に海の家等もないので、テントを張っているグループが多かったです。

浦富海岸小栗浜海水浴場はいいぞ(ダイマ)

青い空!白い雲!透明な海!
透明度が限界突破
テンション上がって駆けていく妹夫婦

一言でいうとめちゃくちゃ楽しかったです。

滞在していたのはわずかな時間だったしふくらはぎくらいまでしか海には入っていませんでしたが、それでも満足度が高かったです。

来年は足だけじゃなくて全身で海を満喫したいので、水着買っていこうと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で